読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE STARRY RIFT

ヴィジュアル系バンドや女性・男性アイドルについて気ままに駄弁るブログです。

ベストアーティスト2015 感想・後編 V6見てたら鼻血出そうになった

ベストアーティスト2015感想後編はV6についての感想です!

 

その前にZIPの話

ベストアーティスト本番1週間前にはZIPとコラボして参加アーティストがそれぞれ自分の持ち歌から「ベストウィンターソング」を選ぶという企画が放送されました。嬉しいことにV6も出演し、V6のウィンターソングはこれしかないということで「MIRACLE STARTER ~未来でスノウ・フレークス~」をあげていました。当時のその曲を歌う映像も放映され、それも貴重でしたが、何よりも物凄かったのはデビューから半年後のミニライブの後に行われたという記者会見映像でしょう。こんな映像を発掘してくるとは、ZIPスゲー!

その貴重映像ですが、まず、みんな若い! 特にカミセンが子供だ!!

並びはいつものごとく前列カミセン・後列トニセンで、背の高さの違いにより自然と階段状になっている姿が愛おしいです。

そんな中で、記者さんに促されて、前列のセンターにいる剛くんが全国のファンへ向けてのメッセージを話し始めるのですが、途中で言葉に詰まってしまい、助けを求めてトニセンの方を振り返るものの(完全にカメラに尻を向けている)、井ノ原くんに「なに助け求めてんの?(笑)」とニヤニヤしながら言われてしまって再び前を向きます。が、どうにも立て直す術がなかったらしく、再度振り返って坂本くんの胸の辺りをドンと叩き、曰く。

剛くん「なんかまとめてよおぉ(←ZIPの字幕のまま)」

な、な、な、なにこれ、剛くん(10代)が可愛すぎる……。

すかさず、「リーダーだろ!」と加勢する健くん(10代)が剛健すぎて可愛いし、剛くん(10代)のそれらを見てワイプで楽しそうに笑う現在の岡田くん(35歳)も可愛い。現在の坂本くん(44歳)が「昔こんな感じだったっけ?」とちょっと嬉しそうに笑うのも、当時の長野くん(20代)が困って振り返った剛くん(10代)を優しい笑顔で覗き込んでいるのも、現在の井ノ原くん(39歳)が当時の剛くん(10代)を見て「こりゃ人気出るわ、ほっとかねえわ」と目を細めるのも、全部可愛い! 映像を見て「いろんな意味で泣けてくるね」という剛くん(37歳)も可愛い。あと、剛くん(10代)のピアス可愛い。

ZIPさん、20年くらい前の映像を掘り起こしたうえ、それをメンバーに見せるというすごい企画を立ててくださってありがとうございます。とにかく全てが可愛かった……。でも、この映像を何度も繰り返し再生している私の姿は誰にも見せられないよ……。

という感じで、私は事前の番宣からしてノックアウト寸前で、ベストアーティスト2015への期待が高まっていました。

 

そんなわけで、いよいよベストアーティスト2015の話

ステージに入る前に、まずは入場ゲートでのやりとりが映ったのですが、そこで気になったのはお出迎え役の枡アナウンサーの肩をやたらとポンポン叩いている岡田くんの姿です。まさか、アナウンサーにまでその触手を伸ばすつもりなのでは……。そうなったら、フジテレビの生田アナとかヤバいのでは……。

 

入場ゲートに続いては舞台袖での一コマが映りました。なんかよくわからん万歳みたいな体操をしている坂本くんを見て他のメンバーがガヤガヤしています。この時には、坂本くんがいつもの(?)変なオトボケ行動をしてるのかな~くらいにしか思いませんでしたが、これが後の大きなアレに繋がるとは、この時の私は思ってもみなかったのです……。

 

さて、CM明けにV6が入場。井ノ原くんが櫻井くんと真面目に話しています。

「それではスタンバイお願いします!」

無事にステージへと向かうV6……と思いきや、岡田くんが櫻井くんのお尻を触っていった……おい。

1曲目は「Wait for You」。

美しい曲ですね。EDMなのに、不思議にナチュラルな心地よい感覚のある曲です。なんとなく寂しい孤独感がある曲だけど、それでも誰かが傍にいてくれる温かみを感じる。さらに、20年経っても「あの上 あの空に」「あの上 もっと もっと上」と歌うV6は美しいです。

あと、特に歌の時の坂本くんは5割増しカッコよくなるなあ。特に目の印象。

ダンスも美しいですよね。音に合わせた緩急のついた動きと、細かいポジションチェンジ、細かい手の振りから全身を使ったダイナミックな動きまであって、とてもカッコいいです。

2曲目は「Be Yourself!」

やったあああああ!!!

↓ この記事にもちょっと書いたのですが、私、この曲大好きなのです! 

私は何故ヴィジュアル系の音楽に惹かれたのか?そこからさらにアイドルの音楽まで聞き始めたのは何故? ついでに相互のファンへのオススメ曲。 - THE STARRY RIFT

この曲の派手なユーロビートの音の飾りはギラギラしてドギツイくらいで、ちょっと昔に聴いたらダサイと思ったかもしれないのですが、むしろ、一回りした今聞くと新鮮でカッコいいと思うのです。サビの「ゼロからキミになればいい」という強いメッセージ性と、キャッチーなメロディーも素敵ですよね。

振り付けもカッコよかったです。一部にSky's The Limitっぽい動きも入れていましたよね? いいなあ。

まずは「交差点が~」のところの振付なのですが、ペアで腕を差し込んで十字型に交差させるようなやついいですね。素敵。画面左から、岡田・坂本、剛・井ノ原、健・長野のペアでした。あと、「カウントダウン~」のところで、本当にカウントダウンするみたいに順番に動いていくところとかも好きです。

そして、曲の終盤、まだ音が鳴っているのに6人が床にマイクを置くと、会場から割れんばかりの歓声が巻き起こります。これは……これは、もしかして……!?

6人一斉のバク転!!!!!!

しかも全員ちゃんときまるとかありえる!? 最年少で35歳、44歳の人もいるんだよ。すごいよ、すごいよ~! コンサート最終日でもやらなかったみたいなのに、たくさんの人が見られるこの場でやるとか、もうすごく嬉しい。でも、誰かが指の骨を折ったりしていないか心配だよ~。無理はしないでもいいんだよ、でも、嬉しいよ。司会の櫻井くんがマイクを通してないけど、真顔で「すごい」って言ってるっぽいよ~。やっぱりV6が大好きだよ~!!

一気に血圧が上がりました。やばい。

そして、そうだったのかと納得したことが。舞台袖での坂本くんのあの万歳運動(?)は、バク転することを示唆していたのですね! 見返してみると「それはダメだ!」と井ノ原くんとかがネタバレを注意していました。この人達、やりおる。

 

その後はジャニーズLOVEメドレーに参加です。曲は「愛なんだ」。衣装はコンサートでも着ていた上下赤のスーツでした。カッコいいですよね、この衣装!

ステージではNEWSの次に6人が固まりながら出てきて、NEWSのメンバー達とタッチしていきます。しかし、剛くんと電車ごっこみたいにして歩いていた健くんが、小山くんを片手で捕獲し、一緒に連れて行こうとします。可愛い。それから司会者ブースの櫻井くんや羽鳥さん達の前を歩いていくのですが、ここでは長野くんが櫻井くんを捕獲しようとしていました。可愛い。中央ステージで歌っている最中には、井ノ原くんがチラチラ司会者ブースを見ています。と思ったら、櫻井くんが踊っている映像が映し出されました。可愛い。

やっぱり全部可愛かった。

 

そんな感じで、ベストアーティスト2015のV6のステージはとても素敵でした。もう鼻血が出そうです。とにかく色々やばい。