読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE STARRY RIFT

ヴィジュアル系バンドや女性・男性アイドルについて気ままに駄弁るブログです。

バンギャルだけど、ひめキュンフルーツ缶のワンマンライブに行ってきたよ 2016/5/1 GIMMICK TOUR 2016 @TSUTAYA O-EAST

ひめキュンフルーツ缶 女性アイドル ライブレポ

どうも。バンギャルヴィジュアル系バンドのファン)だったはずが、女性アイドルとかV6とかにもハマり中のフミヅキです。

1つ前の記事では、ヴィジュアル系バンドの対バンイベントに行って「やっぱりバンギャルはやめられない!」と実感したと書いたくせに、舌の根も乾かないその翌日には女性アイドルグループのワンマンに行っている私。マジなクソDDで本当に申し訳ないです……。

でも、「ひめキュンフルーツ缶」はバンギャルにもおススメしたいアイドルグループでございまして、ロックテイストな楽曲やダンスが本気でカッコいい、ロック&アスリート系女性アイドルなのです。

今回は、彼女達の最新アルバム「天国ギミック」を引っ提げてのライブツアーの東京編。ではでは、感想をまとめてみます。

 

一路、TSUTAYA O-EAST

遅刻だああああああ!

渋谷駅に降り立った私は内心冷や汗をかいておりました。私、非常に油断して家でぬくぬくしていたのですが、なんとこの日は2時開場の3時開演という早い時間帯のライブだったのです。

渋谷駅前の人ごみはすごすぎて走って追い抜くこともできず、「私の馬鹿野郎!」と自分自身を罵りながら道玄坂を目指します。道玄坂まで来ればまあまあ人も少なくなって速足もできるのですが、坂道がきつい……。

3時は越してしまいましたが、なんとかライブが始まる前にはフロアに滑り込むことができました。ぎりぎりセーフ!

あっという間に暗転して、カッコいいSEが鳴って、1人ずつ出てくるメンバー。カッコいいよ~!可愛いよ~!

 

セットリスト(谷尾桜子ちゃんのブログより引用)

OPSE
01. 新曲
02. Luck out
03. 夢見る世界
04. キラーチューン
MC
05. 灼熱の大地
06. アンダンテ
07. 電光石火
08. フリーノート
09. TEAR DROPS
MC
10. ウタカタノユメ
11. 飛びかうフール
12. 覚醒ミライ
13. 愛、my color
14. 風前絶後
MC
15. モノクロビタミン
16. それ冗談!これ本気!?
17. 例えばのモンスター
18. ラララ
ENC
EN1. デッドギミック
EN2. キミノミライ
EN3. ミラクル彼氏
EDSE

ameblo.jp

 

感想

いやはや、本当にたまげたものです。

女の子のアイドルでここまで踊りまくるとは。今回もパワフルなステージに圧倒されました。

ひめキュンフルーツ缶の曲は、カッチョいいバンドサウンドやクールな打ち込みの音を使ったロック・チューンがやはり一番の魅力だと思います。カッコよさと可愛さの同居したロック・チューンは最高にひめキュンに似合うのです。そして、そのハチ切れるような勢いある音楽に乗って、全身を稼働させて舞い踊るメンバーの姿に感動するのです。

その一方で、アイドルらしい可愛い曲もあったりして、もう、ただひたすら可愛いよ~!

アイドルって尊いですよね、やっぱり。

 

新アルバムの曲だと私は「Luck out」がお気に入りです。パンクっぽいハチャメチャ感とハード感、そして、アイドルとしてのあざとらしい可愛さ、ピースフルな感じをがっちゃんこした曲で、めちゃくちゃ楽しいです。ハチ切れた曲に合わせてダイナミックに踊るメンバーが素敵でした。

「電光石火」「風前絶後」とかは、バンギャル的にもとても楽しい曲。ハードめな曲で、バンギャル的なノリで盛り上がりたい気持ちも実はありますが、アイドルのライブなので、郷に入っては郷に従えで、ドルオタのノリ方で楽しんでおります。ドルオタのノリもすごく楽しいです!(でも、ギターソロのパートをメンバーが踊っている時にはメンバーに向かって咲きたい気持ちはある(笑))

※咲く:ヴィジュアル系バンドのライブで、ギターソロの時などバンギャルがギタリストに向かって

\(^0^)/ \(^0^)/ \(^0^)/

↑ こういう感じで両手を上げる行動のこと。バンド入場時にバンドマン一人ひとりに向かって咲くこともある。バンドマンを称える行為だと思われる。(雰囲気的に咲くのが禁止のバンドもあります。空気を読んで咲きましょう)

「モノクロビタミン」も好き。打ち込みの音とうねるようなギターサウンドの組み合わせがカッコいいのです。個人的に大好きなV6の初期曲を彷彿とさせる部分があって、気持ちが上がります。V6は20周年を越したので、ひめキュンも是非是非長くアイドルを続けてほしいです。大変だとは思うけど。あと、この曲はひめキュンメンバーの歌声の強さが際立って聞こえる点も好きです。特に桜子ちゃんの声、大好き!

本編の衣装は矢絣柄のノースリーブなライダースジャケットと黒のミニスカートだったのが、アンコールは赤紫色のきれいなドレスにチェンジしていました。(両方とも、ひめぎんサブホールのワンマンでも着ていたやつですね)

アンコール一発目、「デッドギミック」の独特の不思議な魅力に溢れたダンスは見るたびすごいなあと思います。サビでメンバーと一緒に手のフリをするのも楽しい。

そして、最後の「ミラクル彼氏」。音的にはラフな雰囲気のバンドサウンドなんですけども、そこにアイドルらしい非常に可愛い歌詞とメロディーが乗っかっているのです。くそ~、可愛い! 可愛すぎるんだよ~! 「駄目、駄目、駄目~」って反則じゃろうが!! 腕でバッテン作りまくっちゃったじゃないかよ~!

本当、楽しかったです。帰り道、思わず「ミラクル彼氏」を鼻歌してしまうくらい楽しかったです。

 

メンバーの様子

最近、私は桜子ちゃんの力強い歌声に惹かれています。バンドサウンドの楽曲と相性いいと思うのです、桜子ちゃんの声。今回のライブも素敵な声を聴けました。そして、笑顔できびきびと楽しそうに踊る姿とか、ファンに向かってくしゃっと優しく笑う顔とかが素敵なのです。癒されるよ~。

真友里ちゃんは以前のライブでも「もっと動員欲しい」という発言をしていたのを覚えているのですが、今回も東京のワンマンで一番多い動員数を喜びつつも「EASTを埋めたい!」と言っていました。可愛い顔してそういうことをズバッと言うところが好きです。

結里亜ちゃんはやっぱりラップがいいですよね。あの早口ラップが超可愛い。長い手足を生かしたダイナミックなダンスとか、健康的な雰囲気とかも素敵だなーと思って見ています。

あと、マジで真友里ちゃんと結里亜ちゃんはミニスカート似合いすぎでは。すらりとしたスタイルの良い長い脚に、本編で穿いていた黒のミニスカートが絶妙すぎます。眼福でございました。

真依ちゃんは今日もポニーテール! やったー、可愛い!!!! 私は以前は男性のポニーテール好きの趣向がよくわからなかったのですが、ちょっと前のひめキュンのライブで真依ちゃんのポニーテール姿を見た瞬間に理解できました。激しいダンス踊る真依ちゃんに合わせて舞い踊るポニーテール。その可憐さには目を奪われずにいられません。マジ、ポニーテールって最高だな! 特に真依ちゃんみたいにちっちゃい体を大きく動かしてしゃかりきに頑張る女の子にはとても似合う髪型だなあと思うのです。

最後に穂乃花ちゃんなのですが、今回は表情が少し気になりました。いつもは歌やMCでのふんにゃりした笑顔や言動が可愛らしいと思うんだけど、この日は表情が少しだけ硬いように感じました。MCでもあまりしゃべっていなかったので、何かあったのかなとちょっと心配に……。(というか、この日は全体的にMCが短めだったようにも思われる)

ブログを覗いてみたら、ライブでちょっと心配なことがあったようです。

ameblo.jp

 

お客さんのマナーというのは難しい問題ですよね。バンギャルの間でもライブ参加マナーについてネット上で話題にされることがあるし、稀にバンドマンから言及さることもあります。今回は結里亜ちゃんのブログでもマナーのことに少し触れていました。

たぶん、穂乃花ちゃんもくどくど書いたりなんかしたくなかったんじゃないかな。書いてくれたのは、これからもきちんとライブを続けたい、皆と楽しく盛り上がりたいと思ってくれているからだと思います。

バンギャルの生態についてコミックエッセイ*1を描いている蟹めんまさんという漫画家さん(バンギャルでもある)がいらっしゃるのですが、その方が他ジャンルのオタを観察したコミックエッセイ*2があります。その中の演歌ファンのお年寄りについて取り上げた話で、危なっかしい足取りでコンサート会場の階段を懸命に上り下りするおばあちゃんの「タカちゃん(出演者)の出てるコンサートでは絶対ケガせんよぉ タカちゃんに迷惑がかかるからね……!! ケガだけはせん……!! ファンがやらかしたらタカちゃんのせいにされるからな!!」という発言に、バンギャル達が深く共感するという場面がありました。いずれのジャンルにしろ、客の行為でアーティスト側に迷惑かけるのだけはご免だというのは共通認識なのではないでしょうか。

メンバーも我々客側もみんなが笑顔でいられるように、思いやりや謙虚さを持ってライブに参加できたらいいなと思います。

 

なんか、やけに説教臭い記事になってしまった(笑)

でも、ひめキュンのファンは優しい人が多いと思うよ。この前のひめぎん・サブホールに遠征したときのファン有志の皆さんの行動に感動しましたし。ただ、曲が激しめだから、ついつい応援も激しくなりがちなのだとは思います。

ひめキュンのライブはマジ楽しいので、これからもみんなで仲良く平和に楽しめたらなと思います。