読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE STARRY RIFT

ヴィジュアル系バンドや女性・男性アイドルについて気ままに駄弁るブログです。

ベストアーティスト2015 感想・前編 【重大なお知らせ】のトラウマはジャニーズにもありなのか。

TV感想 ジャニーズ

どうも。バンギャルヴィジュアル系バンドのファン)だったはずが、いつの間にやら女性アイドルとかV6とかのファンにまでなってしまったフミヅキです。

昨日生放送された「ベストアーティスト2015」は、V6が出演するのと、ジャニーズメドレーも見られるのとで、とても楽しみにしていた番組でした。(V6のファンになったら事務所のアイドル達も一様に可愛く見えるようになる不思議)

だったのですが。

ああ、胸が痛い……。

昨晩は仕事の関係でこの番組をリアルタイムで見ることができず、ニュースとかも見ていない状態で今朝早起きして録画したベストアーティスト2015を見始めたのですが、「は……?」ってなりました。仕事に行く前に見るんじゃなかった……。

私は10年くらいバンギャルをしていますが、バンギャルの世界において、【重要なお知らせ】【重大なお知らせ】【大切なお知らせ】というような新着TOPICが突如バンドの公式HPに表示されたり、メンバーのSNSやブログに表示されたりすることは、バンギャルにトラウマを呼び起こすトリガーとなっています。【重要なお知らせ】に類するキーワードを見かけた瞬間に嫌な予感に襲われ、「嘘だろ?」「え?」「おい」「まさか……」と慌てふためきながら該当ページにアクセスするバンギャルが多数でしょう。というのも、【重要なお知らせ】に類するものは、解散・活動休止・メンバー脱退等の悪い知らせであることが多かったからです。

自分語りで恐縮なのですが、今年は私がライブにちょこちょこ通っていたバンドが3つ解散と活動休止となりました。もういいおばさんである私は、バンドからの【重要なお知らせ】*1を見て残念に思いつつも、仕方ないのだろうなというのもなんとなく理解でき、それでもやっぱり、その【お知らせ】を初めて見た瞬間は信じられなかったですよ。

【お知らせ】を見た私「ウソだろwww まだまだこれからじゃんw もっと上に行けるじゃんw どんどん楽曲がカッコよくなって、パフォーマンスも洗練されて、新しい音へのアプローチにも挑戦してたじゃんw その結果が花開くのはこれからなのに、まさかwww え……マジで解散(休止)するの……? え……そっか……そっか……そうなのか……うん……」

だから、この番組で赤いロングコートを着たKAT-TUNが出てきて、司会の櫻井くんが「KAT-TUNの皆様から一つ【重大なお話】が~」と言ったとき、私は反射的にビクッとしてしまったのですが、慌てて嫌な予感を振り払いました。

私「まさかだろwww 相手は天下のジャニーズさんだよw KAT-TUNはそりゃあ色々あったかもしれないけど、もうこれからこの4人がどうこうなることってないでしょw 10周年に向けたスペシャル企画の発表とかじゃないの? 被害妄想乙www」

そんな感じに心を持ち直したのですが、続く田口くんの言葉に愕然としました。さらに続いてコメントした亀梨くんは最後の方には声もマイクを持つ手も震えているようで、それを見ていたら私の心まで震えはじめました。さっきまでは「タキツバの山手線の歌かわいすぎかよ~(> <)」というテンションで番組を見ていたのに、急に冷水を浴びせられたような気がしました。

きっとたくさんのKAT-TUN担の人達が息を飲んで硬直したことでしょう。ネットを見渡せばKAT-TUN担以外のジャニオタさん達もたくさんの言葉を発していますから、衝撃の大きさがわかります。

この発表について、10周年を目の前にしたタイミングでというのにも驚きましたが、多くのアーティストが出演する生番組内での発表という方針にもびっくりしました。KAT-TUN自身が直後に自分達のステージ、そして、他グループとの共同メドレーも控えている状態での発表。私はこれからどんな顔をしてそれらを見ればいいのか。番組終了後の発表ではダメだったのか、せめて文章なりで事前周知してからの出演であれば……。これじゃあ、本人も他のメンバーも針のむしろなのでは……。色々な考えが頭を巡りましたが、どういう風に報告したとしても、生番組に出る(出た)以上は針のむしろは免れないのかもしれません。たくさんのファンを抱え、全国的知名度もあり、多くの番組や関係者、スポンサー等が関わる芸能人の進退なのですから、その周知方法等には我々では考えが及ばない難しい諸々があるのかもしれません。ただ、KAT-TUN担の皆さんはもちろん、この番組を楽しみにしていたジャニオタな視聴者や、ハレの舞台に出演される他のアーティストの方々のことを慮れば、もう少しスマートな方法があったのではないかなというのは少し思いました。

どうやったところで、KAT-TUN担の皆様が傷つくのは避けられないことではあるのでしょうけれども。

切ないね。少し時間が必要だよね。そんなにすぐに受け止められるわけがないよね。個人的にも、なにかこう古傷を引っ掻かれたような感じがして、見ていて悲しくなった【重大なお話】でした。

 

おっと、大事なことを書き忘れていた。

KAT-TUNのステージ素敵でしたよ。単体のもメドレーも。

今年のTHE MUSIC DAYの感想記事にも書きましたが、私、田口くんのダンス好きです。スタイルのいい体による、しなやかで美しい動きは目を惹きます。

「THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。」感想 (ジャニーズというか、V6を中心に) - THE STARRY RIFT

田口くんも上田くんも中丸くんも亀梨くんも、生番組でのステージお疲れ様でした。とてもカッコよかったです。

 

さて、次の記事はベストアーティスト2015の感想・後編。こちらはテンションを上げてV6メインに楽しい記事を書きます!

*1:実際には、ワンマンライブで発表の後、ネット上での周知という順序。